ブログ

魔女修行と道具

“ウイッカの儀式のツールと形式は、この宗教の性格の幾分かを表しているので、重要ではありますが、必ずしもなくてはならないものではありません。
効果的な儀式は、祭壇に並べられる道具の数に依存するものではありません。”

魔女として修行をするとき、道具はどのくらい揃えたほうが良いでしょう。
アサメイ、ワンドくらいならともかく、大釜はどうでしょうか。
家屋によってはキャンドルも怖く感じるかもしれませんし、香を炊くのも家族と同居していると躊躇を覚えるかもしれません。

道具は揃えたに越したことはありませんけれど「これがなければいけない」というものは何ひとつありません。
『魔女の教科書 ソロのウイッカン編』には、上記の引用に引き続き、儀式として最小限必要なことが書かれています。
若干ネタバレのようになりますが、道具は一切登場しません。
魔術道具は自分の意識を顕在化させるのに有効な道具だと私も思いますけれど、必ずしも「なくてはいけない」ものではない、と思います。

それと、これは私見ではありますが、道具や祭壇はみだりに人にみせないほうが良いと思っています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。