ブログ

見たいと望むものしか見る事が出来ない、ということ

今日のビブリオマンシー
選んだ本は『魂の旅路』
選ばれたのは「大人は、自分が見たいと望み、予期することしか見ることができない」

個人的には「自分が見たいと望み、予期することしか見ることができない」人と自分の意思とは無関係に「見て」しまう人がいる、というのが実感なのだけど「見れない」人が制御しながら「見よう」とするのと「見る」ことを制御出来ない人が制御下で「みる」のでは圧倒的に前者のほうがやりやすい、とも思っています。

勿論、メンターはいたほうが良いでしょうけれど「みる」くらいならひとりでも出来るんじゃないかな。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。